S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Twitter @bolly_woods
以前の記事
検索
画像一覧
カテゴリ:Movies( 39 )
ジュリア・ロバーツ、インドで撮影中 【追記】
『eat love pray』 の撮影の為、子供たちとインドに滞在中のジュリア・ロバーツ。
10月9日までデリー周辺の北インドに滞在するそうです。
d0146980_16393510.jpg

d0146980_16394446.jpg

d0146980_1640369.jpg

原作本『eat love pray』 の著者は『巡礼者たち』のベストセラー作家エリザベス・ギルバート。30歳までに夫、マイホーム、キャリア、と全てを手にいれたが満たされることのなかった著者が、離婚とその絶望から立ち直るために全てを捨てて、1人で世界の全く異なる3カ国を旅した1年間を綴った自伝小説。イタリアで芸術と語学に漬かり、思い切り美食を堪能し太ったあと、エリザベスはインドに向かう。そして、4ヶ月に及ぶ厳しい精神修行を受けたあと、最後に訪れたバリ島で恋に明け暮れる。(楽天ブックスより転載)。
というストーリーで、ジュリアは主人公を演じるそうです。


         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 追 記 AFPより転載 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


d0146980_17392818.jpg

ジュリア・ロバーツが、新作のロケ撮影のため滞在しているインドで、3人の実子にヒンズー教の神にちなんだ名前を聖人から授かった。一方、撮影のために僧院を封鎖したことで地元住民の怒りを買っているという。インドの国内メディアが伝えた。

 ロバーツは18日、映画『Eat, Pray, Love(原題)』のロケ撮影のため、インドの首都ニューデリーから65キロのパタウディ村に到着。ところがその後、ロバーツが引き連れていた350人の警備チームが撮影のため地元のヒンズー教寺院を封鎖したことから、地元住民らがロバーツの滞在に対し抗議の声を上げている。

「寺院の敷地内に立ち入れない。ジュリア・ロバーツが中にいるからといって、警備員たちが私たちに礼拝もさせてくれないのはおかしい」と、ある村民は匿名で同国の英字紙インディアン・エクスプレスに語った。

 同国の英字紙タイムズ・オブ・インディアによると、ロバーツはさらに23日、地元のヒンズー教僧院Hari Mandir Sanskrit Mahavidyalayaの聖人Swami Dharam Devのもとを訪れ、3人の子どもたちに名前を授けてもらった。同紙が聖人の話として伝えたところによると、双子の娘ヘイゼルちゃんと息子フィニアスくんはそれぞれラクシュミ、ガネーシャと、ヘンリーくんはクリシュナ・バララムと名づけられた。ただし、この名前はインド滞在期間のみ使うものだという。
(以上、AFPより転載)
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-09-28 00:01 | Movies
ウダイ イズ バック!
ウダイ イズ バック ですよ! ウダイ イズ バック!
どの角度から見ても決してハンサムとは言いがたいのですが、なんとなく人柄が良さそうなので嫌いにはなれません。
陰ながら応援しているファンも、若干ですがいるはずです。
d0146980_1144551.jpg

11月公開の 『pyaar impossible!』は、プロデュース/ウダイ・チョープラー、脚本/ウダイ・チョープラー、主演/ウダイ・チョープラー、なのです!
これぞyashrajfilmsのなせる業。
ハリウッド映画 『ノッティングヒルの恋人』 をヒントに、ウダイが夜を徹して書きしたためたそうです。
絵から察するに、やっと自分の身の丈に合ったハマリ役を得たかもしれません。


そしてカリーナ&シャーヒドコンビも復活で、12月に 『Milenge Milenge』 がやっと公開されるそうです。
d0146980_11535791.jpg

5年も経つと変わりますね。

 
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-09-28 00:00 | Movies
8月の運勢
プリヤンカーと、最初はリティックに似てるとか言われてたけど実際は月とスッポンほどの違いがあったハルマーンとの新作映画 『What's Your Raashee?』
d0146980_11114457.jpg


10日以内に結婚相手を見つけなければならなくなったハルマーンが、12星座それぞれの特徴を持った12人の女性と出会い、運命の女性を選び出す。 
というストーリーで、プリヤンカーは1人12役を演じるそうです。

さて、ELLE ONLINEより、今月の太陽(?)星占いです。


d0146980_1112591.jpg

おひつじ座
≪恋とクリエイティヴ」に邁進≫
 太陽がもたらすテーマは、「恋とクリエイティヴ」。先月の23日頃から毎日が活気づいているのでは? あなたの持ち味は直感による瞬発力。こんなふうに迷いなく目標に向かい、ワクワクしているときがいちばん自分らしいのです。23日(日)以降、太陽のテーマが「ルーティンワーク」にシフト。残念ながら、毎日が少し地味に感じられるようになるかも。水星と天王星の角度から、価値観もガラリと変わりやすい時。22日(土)から26日(水)にかけて、ちょっと超人的なあなたの活力も落ち着きます。スーッと肩の力が抜けるのを感じそうです。
 26日(水)には、守護星・火星も、あなたにとっての「居場所」の部屋へ。この日はまた、火星、冥王星、水星が緊張感のある角度をとる要注意デー。あなたの居場所がここでいいのかどうか、何かメッセージが届く予感。



d0146980_11124591.jpg

おうし座
≪子供のように無邪気になれる場所を探して≫
 心から落ち着ける「居場所」を探すように太陽は働きかけます。キャリア面で忙しいのは相変わらずでも、仕事を忘れ、子供のように無邪気になれる仲間に目を向けて。ゆっくり休むことが今のあなたには必要なのです。23日(日)以降、太陽のテーマは「恋とクリエイティヴ」にシフト。この前後、水星と天王星の角度から、価値観もガラリと変わりやすい時。この1年間、抑圧していた感情を開放し、好き嫌いをハッキリ言えるようになると、仕事も、人間関係も変わり始めます。もっともっと自分の心地よさを追求していいのです。



d0146980_11125979.jpg

ふたご座
≪25日(火)まで、パワー全開で駆け抜けて≫
 太陽があなたに与える23日(日)までのテーマは、「身近な環境」と「情報」。目の前のことを回転よく片づけるのはあなたの得意分野ですし、エネルギッシュな火星も、25日(火)までふたご座に滞在。3日(月)〜26日(水)、ふたご座の守護星である知性の星・水星の動きも活発に。最高のパワーと情報というツールを手にして、あなたが取り組みたいことは何でしょうか。水星と天王星の角度から、価値観もガラリと変わりやすいのが22日(土)前後。この頃、社会との関わりに変化が。太陽のテーマも23日、「居場所」に変わります。22日から25日にかけて、だんだんとあなた自身のエネルギーは収束し、それを反映するように、周囲の現実も落ち着きを取り戻すはず。



d0146980_11132693.jpg

かに座
≪8月はビューティへ投資を≫
 23日(日)まで太陽が与えるテーマは、「豊かさ」。お金のことを意識する機会が増えるでしょう。1日(土)〜29(土)、金星がかに座に滞在し、ありのままのあなたの魅力が輝くので、食事やイベントに誘われるなどごちそうしてもらう場面もありそうです。ビューティに投資するのも星のよい使い方。経済面の見直しにもぴったりの時期です。
 23日前後、太陽のテーマのシフト、また水星と天王星の角度から、未来へ向けて価値観もガラリと変わりやすいとき。気づきは身近な人間関係のなかに落ちていそうです。さらにスピードが上がるのは26日(水)、行動力を司る火星があなた自身の星座、かに座へ。ちょっとパワーを持て余しがちですが、今後のために「種まき」をするにはよい時期です。



d0146980_1113441.jpg

しし座
≪8月は、自由にのびのびと行動できそう≫
 しし座の守護星は太陽なので、あなたが太陽から受ける影響はとても大きなもの。「太陽の申し子」と言ってもいいくらいなのです。23日(日)までは、あなた自身の魅力を高め、本質で輝くことが大きなテーマに。そんなあなたへの注目も自然と集まるでしょう。26日(水)までは行動の星・火星の影響も強く、自由な立場でのびのび活動するあなたが思い浮かびます。水星と天王星の角度から、お金に関する価値観が変わりそうなのが22日(土)。23日以降、太陽のテーマも経済的なものに。この2年、磨いてきた実力を世に問うタイミング。具体的な成果を出すことが求められます。



d0146980_1114554.jpg

おとめ座
≪23日以降、あなたの“使命”に気づく予感≫
 23日(日)までの太陽は、あなたにとっての「無意識」の部屋に滞在。心は内面世界へ向かい、外界との関わりより、あなたの内側が豊かに感じられるでしょう。本や映画を読み、思索する。そんな時間を大切にしましょう。守護星・水星も3日(月)〜29日(土)、おとめ座に滞在。人を深く理解して話し合うこと、文章を書くことなど、あなたの持ち味を生かせるときです。 
 23日(日)以降、太陽がおとめ座に入ります。おとめ座に土星も滞在することから、現実的に忙しくなるはず。この前後はまた、守護星・水星と天王星も角度をとるので、あなたの人間関係に大きな変化の予感も。あなたがやるべきことや使命に気づくかもしれません。



d0146980_11152871.jpg

てんびん座
≪23日(日)以降は“リラックス”を心がけて≫
 23日(日)までの太陽のテーマは「自由」。自信をもって、好きな仲間と楽しく飛びまわる姿が思い浮かびます。行動の星・火星はふたご座に。広げる性質をもつ木星・海王星はみずがめ座に滞在。どちらもてんびん座と同じ風のエレメントの星座。18日(木)・19日(金)前後は、これらの星のバランスがよく、あなたにとって追い風が吹くでしょう。23日以降は、内面世界やスピリチュアルなことが現実的なテーマになります。やや神経質になりやすいのでリラックスして。



d0146980_11155430.jpg

さそり座
≪前半は“キャリア”、後半は“未来”がテーマに≫
 23日(日)までの太陽のテーマは、「キャリア」。キャリアの場面では、あなたは自信をもっていられますし、唯一、本気になれるものかもしれません。そのキャリアに関する実力が問われ、あなたの欲している注目も集まる正念場です。華やかさとともにプレッシャーも感じるときです。
 23日以降、キャリアはひと段落し、「自由」や「未来」がテーマになります。この前後は水星と天王星も角度をとり、未来とクリエイティヴな活動が連動して、価値観が変わりそう。いろいろなことが終わり、いろいろなことが始まる予感に満ちている。そんな夏の終わりになりそうです。コントロールは手放しましょう。



d0146980_11162550.jpg

いて座
≪夏休みを利用して“世界遺産”の旅へ≫
 23日(日)までの太陽が与えるテーマは、「理想やビジョン」に向けてステップアップすること。今取り組んでいることは、もしかしたら実力以上なのかもしれません。でも、上を目指して努力することで、あなたの手には大きな財産が残ります。あなたの守護星、木星も「移動」を示唆しています。太陽のテーマは、「ここではないどこか」や「旅」とも関係します。ちょうど夏休みの時期。世界遺産を訪ねる旅などに出かける人も多そうです。
 23日以降の1カ月は、「キャリア」に関して本番を迎えます。責任や忙しさもこの2年の集大成。この前後、水星と天王星の角度から、キャリアと家庭のバランスに関しても価値観に変化が生まれるとき。



d0146980_11163992.jpg

やぎ座
≪愛情を“与える”ことを意識して≫
 23日(日)までの太陽のテーマは、「深い愛情」。自分の生い立ちやこれまでの人生を振り返る機会が増えていませんか。やぎ座の人は、愛情に関してどこか受け身。相手から求められたり、誉められたりしないと、自分から愛情を与えられない傾向があるようです。自分から進んで、あなたのなかに湧き出る豊かな愛情を与えることが今の課題です。
 23日以降は、未来への希望が見えてきます。この前後は水星と天王星も角度をとり、あなたの中の不安や怖れをだんだんに晴らしていきます。小さな希望をひとつひとつ積み重ねて、コントロールを手放しましょう。



d0146980_11165330.jpg

みずがめ座
≪自分の意思をハッキリ伝えよう≫
 23日(日)までの太陽のテーマは、「パートナーシップ」。あなたは普段、憧れる人には合わせてしまい、自分が一歩引くスタイルをとりがちです。そうすることで物事がスムーズにいくと思い込んでいませんか。今月は、いつもより踏み込んで自分を表現してみましょう。「こうしたい」をハッキリさせると案外、そのとおりに動いてくれるものです。
 23日以降のテーマは「深い愛情」。家族のこと、生い立ちなど悩んできたことに関して、手放してもいいタイミングです。この前後、水星と天王星も角度をとり、許せなかった人を許せるようになるかもしれません。



d0146980_1117620.jpg

うお座
≪適度なセルフケアや息抜きを大切に≫
 23日(日)までの太陽のテーマは、「日常」や「ルーティンワーク」。知性やコミュニケーションの星・水星が土星とともにうお座とは対角に位置することから、甘えは許されないときです。人間関係は厳しいものに感じられるかもしれません。でも、今のあなたにはそれを跳ね返す力もあるはずです。セルフケアや息抜きを適度にしながら、周囲のサポート役に徹して。
 23日以降は、「パートナーシップ」がテーマに。執着を捨てること、前に進むことをプライオリティの上位において。この前後はまた、水星とうお座に滞在する天王星も角度をとり、ここのところパートナーから言われていたことに関して、あなたのなかに変容が生まれるでしょう。



私自身はあまり占いとか信じてないです...

 
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-08-21 00:00 | Movies
サイフにとってもオイシイ
今月31日に公開される ディーピカーとサイフの 『LOVE AAJ KAL』。
予告編を観ると、相変わらずピカちゃんの笑顔がまぶしくて目がくらむのですが、何度か観ているうちに 「この映画、サイフにとってもオイシイのでは?」 と思うようになりました。

何が一番オイシイかといえば、やはりピカちゃんとのマウスtoマウスのキスシーンですが、
d0146980_22452214.jpg

他にも、過去の名作へのオマージュシーン↓や、
d0146980_22285822.jpg

d0146980_22294282.jpg

今までの殻を打ち破るシーンや↓
d0146980_22303922.jpg

一人二役を演じたり
d0146980_9534769.jpg

などなどサイフの見所もたくさん。
なんでこんなにオイシイとこ取りなのかと思ったら、、サイフがプロデューサーの一人でした。
 
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-07-13 00:00 | Movies
やっと時代が追いつきました
“ネットでレンタル” のTSUTAYA DISCASのページ
“シャールク” で検索すると、4作品が出てきます。
他にもボリウッド映画では、リティックの『アルターフ(MISSISON KASHMIR)』、アーミルの『ラガーン』、などがあります。
やっとツタヤでボリウッド映画がレンタルできる時代がきたんですねー。

今までも数作はありましたが、どれも邦題がヒドイし 「一体誰のセレクト?」 って感じのばっかりで、日本におけるボリウッドがよからぬ道に進みかけていました、しかし、このところのシャールク作品投入でやっと道が正された感じがします。
d0146980_14381123.jpg

実は、シャールクの『DON』も買わずにレンタルで済ませました。
ファンとしてはあるまじき行為ですが、たぶん『家族の四季(KABHI KHUSHI KABHIE GHAM)』 も、『たとえ明日が来なくても(KAL HO NAA HO)』 もレンタルで済ませると思います。
私は買ってもそんなに何度も観ないので、レンタルで充分。
選択肢が増えたことは、ありがたいことです。
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-07-06 00:00 | Movies
カイリー・ミノーグ 来印中
オーストラリア出身で、世界を股にかけて活躍するポップ・シンガーのカイリー・ミノーグが、インドの大衆映画、通称“ボリウッド”映画に楽曲を提供すると報じられた。英『サン』紙の報道によると、カイリーは67万5000ポンド(約9300万円)の報酬と引き換えに、インドの新作映画『Blue』用に1曲をレコーディングするという。このナンバーは、同映画のサントラに収録されるものとみられている。しかし一方で、映画の制作陣は、カイリーの参加については正式に認めておらず、広報担当者も「我々は曲作りのために国際的なアーティストを招く予定です。しかし、それが誰なのかは、まだ現時点ではお答えしたくありません」と口をつぐんでいる。もし実現すれば、ポップの女王とボリウッドとの異色のコラボということで、大いに注目を集めそうだ。
(VIBEより)

ということでしたが、2月26日にムンバイに到着!
8日間の予定でインドに滞在中。
d0146980_1434213.jpg

ボリウッド映画『Blue』は、アクシャイ・クマール、サンジャイ・ダット、カトリーナ・カイフ、ラーダ・ダッター、ザイード・カーンが出演し、音楽はA.R.ラフマーンが担当。
先週は、アクシャイ邸宅でランチをしたそうです。
キレイですねー。
d0146980_1435393.jpg

アクシャイ&トゥウィンクル夫妻は、アクセントカラーを黄色で揃えてる、かもしれません。
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-03-02 00:00 | Movies
チーム・スラムドッグ$ミリオネア
アカデミー賞を受賞した A.R.レヘマーンが凱旋帰国。
チェンナイの空港で、大歓声と共に迎えられました。
(A.R. Rahmanも、“A.R.レヘマーン” と表記すべきなのか “A.R.ラフマーン” と表記すべきなのか迷います。 映画の公式HPが “A.R.・ラフマーン” になっているので、 “A.R.・ラフマーン” ってことにします。)
d0146980_12304813.jpg

d0146980_12305993.jpg

d0146980_12325582.jpg

d0146980_1233574.jpg

d0146980_12331572.jpg

トロフィーが黄金の光を放っております!!

イルファーン・カーンとマドゥル・ミッタルも、凱旋帰国。
ムンバイの空港で、大歓声と共に迎えられました。
d0146980_12352675.jpg

d0146980_12353389.jpg


子役たちも、ディズニーランドを楽しんだ後、凱旋帰国。
d0146980_16334441.jpg

d0146980_0125867.jpg

d0146980_0181972.jpg

あるサイトに、 “child actor Azharuddin Ismail” “child actor Rubina Ali” と書いてあるのを見て、フレイダなのかフリーダなのか、レヘマーンなのかラフマーンなのか気にするくせに、子役たちのことは “子役たち” で済ましていたことを反省しました...
大歓迎を受けてムンバイの空港に降り立った俳優アザルディン・イスマイルですが、誰よりもその帰りを待っていたのはお父さんだったようです。
d0146980_23525775.jpg

d0146980_2353985.jpg

迎えに来た両親と一緒に、自宅に戻りました。
d0146980_23534881.jpg

このアザルディン君のお父さん、インド中がアカデミー賞の行方に釘付けになっている間も
d0146980_045488.jpg

お父さんの心配事はアカデミー賞なんかじゃないらしく、一人自宅で息子の身を案じていた様子。
d0146980_046346.jpg

d0146980_046128.jpg

息子と空港から自宅に戻る時の、このホッとした表情!
d0146980_0465220.jpg


そして俳優ルビーナ・アリも、大歓声と共に迎えられました。
d0146980_23562432.jpg

d0146980_1224144.jpg

おじさんの家で父親のひざに乗るルビーナ。
d0146980_2357949.jpg

ルビーナのお父さんは、やはりアカデミー賞に釘付けだったご様子。
身を乗り出してアカデミー賞の中継を見守るお父さん。
d0146980_048851.jpg

なんだか急に現実に戻った感じがしますが、アザルディン君、ルビーナちゃんはじめ子役たちには映画スタジオ側から今後もサポートが受けられるそうなので、全てのスラムの子供たちとはいかなくても、せめてこの子役たちや彼らの家族がこの映画をきっかけに明るい将来を切り開けたらと思います。


さて、そんなこんなのそのころアニル・カプールは、アメリカでジュエリーブランドによるユニセフ支援のパーティーに、出席。
d0146980_12363787.jpg

[PR]
by Bolly_Woods | 2009-02-27 00:01 | Movies
フリーダ・ピントの次回作はウッディ・アレン監督作
“Freida Pint”
最初の頃日本では “フレイダ” と書かれることが多かったのですが、最近は “フリーダ” 化の傾向にあるようです。
かと言って、有名なメキシコの画家 “フリーダ・カーロ” のスペル “Frida” とも違うし、一体どちらで書けばいいのか...
映画の公式サイトが “フリーダ” になっているので、 “フリーダ” ってことにします。
そのフリーダの次回作が決定したそうです。
d0146980_11275458.jpg

d0146980_11404777.jpg


第81回アカデミー賞で8冠に輝いた「スラムドッグ$ミリオネア」でブレイクしたシンデレラガール、女優フリーダ・ピントがウッディ・アレン監督・脚本のタイトル未定の新作に出演することが明らかになった。
米バラエティ誌が報じたもので、同作にはナオミ・ワッツの出演も決定。その他、ジョシュ・ブローリン、アンソニー・ホプキンスらベテラン俳優陣が名を連ねている。
撮影は今夏、英ロンドンでスタートする予定。
インド出身でモデルから女優に転身したピントは、「スラムドッグ$ミリオネア」で共演したデブ・パテルと恋の噂も浮上している。同作の成功によって複数のオファーが舞い込んでいるそうで、このアレン監督作が「スラムドッグ~」後の1本目の映画になる。

(MSN/eiga.com 映画ニュース より抜粋)

ロンドンで撮影なら、デーヴ(←イギリス人)もいるし、願ったりかなったり。
映画が公開された頃、それほど『スラムドック$ミリオネア』 も話題になっていなかった頃、フリーダはインタビューで
「今後も女優業を続けていけたらいいなと思ってるの、今のところ次のオファーは来てないけど、オファーを頂けたら光栄だわ」
と語っていたので、まさに急展開のシンデレラ・ガール!

フリーダ・ピント関連
http://bollyent.exblog.jp/9322364/
http://bollyent.exblog.jp/9361294/


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


映画公式サイトで、アニル・カプールの紹介ページによると...
d0146980_15445860.jpg


「インド映画界において、最も多才で成功を収める俳優である。(中略)その活力、プロ意識、そして才能は、若手新人タレントの指針となっている」

だそうで、

「本作の出演料を、市民登録されない子供のために全額寄付するなど、子供たちへの支援活動家としても有名である」

だそうです。


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『スラムドッグ$ミリオネア』 の原作本 『僕と1ルピーの神様』 を読んでいます。
読んでいるとインドの匂いがプ~ンとしてくるようです。
d0146980_1143675.jpg

[PR]
by Bolly_Woods | 2009-02-26 00:00 | Movies
速報! 『スラムドッグ$ミリオネア』 がオスカー8冠

d0146980_22175977.jpg
先ほど終了した第81回アカデミー賞。
勢いに乗っていた 『スラムドッグ$ミリオネア』 が、作品賞を受賞!
作品賞の他に、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、歌曲賞、録音賞の8部門を受賞!!
d0146980_21151153.jpg

d0146980_21164115.jpg

授賞式ではA.R.レヘマーン(ラフマーン)の熱唱もあったっぽいです!!
きっとYouTubeで検索すると見られそうですね。
d0146980_091387.jpg

授賞式には子役達も出席。
d0146980_1418574.jpg

子役達は実際にムンバイのスラムで生活している子どもたちと聞いたのですが、全然そんなふうには見えません。
d0146980_14181294.jpg


この映画が “インドのネガティブなイメージを強調している” とかいないとかインドの一部ではもめてるそうですが、“フィクション” の “映画” なんだからそんな過剰に反応することないんじゃ。
それよりフレイダのノンフィクション私生活の方に、過剰に反応してしまいます。
d0146980_14381241.jpg

でまたフレイダ・ネタなんですけど、共演者のアニル・カプールが、「フレイダとデーヴはデートしてるよ」 ってバラしちゃって、ロハンさんますます傷心。
最近、ロハンさんがthe News of the Worldに語ったところによると、
「パーティーでダニー・ボイル監督に会うことになった時、フレイダから婚約者ではなくボーイフレンドであると嘘をつくように強要された。 デーヴにもフレイダが自分と婚約していることを知っているのか?と怒りのメッセージを送ったが返信はない。 フレイダはデーヴに夢中だ、デーヴに会ったら言ってやりたいこともある。 フレイダの成功を願ってはいるが、自分達の関係を壊したこの映画は見たくない。外に出るとどこもかしこもフレイダとデーヴの写真ばかりで打ちひしがれている。」
そうです。
二人の関係を壊したのは、デーヴでも映画でもなくてフレイダなんですよ、ロハンさん。
もうしばらくはお辛いと思いますが、ロハンさんがフレイダ以上の女性と出会えることをお祈りしてます、きっと出会えますよ、ロハンさん。



話を元に戻して...おめでとう 『スラムドック$ミリオネア』!!
この笑顔!
d0146980_224068.jpg

d0146980_2241039.jpg

d0146980_2242086.jpg

d0146980_2243167.jpg

[PR]
by Bolly_Woods | 2009-02-23 15:00 | Movies
『GHAJINI』 のためにアーミルが
『GHAJINI』 の役作りのためアーミルが...
d0146980_2271690.jpg

バリカン入りまーす。
d0146980_2274460.jpg
d0146980_2275073.jpg
d0146980_2275645.jpg

微調整。
d0146980_2281836.jpg

完成。
d0146980_229399.jpg


過去にも役作りのために、こんなヘアスタイルも。
d0146980_22113123.jpg

[PR]
by Bolly_Woods | 2008-11-26 00:00 | Movies