S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
タグ
Twitter @bolly_woods
以前の記事
検索
画像一覧
アーミル、CNNトークショーに出演
日本のお茶の間でアーミルを見るなんてめったにない機会なので、このブログ用にメモでも取りながら見ようと思ったのですが、直前に冷蔵庫の扉に挟んだ親指に力が入らず、途中で断念しました。
番組内では話題が2転3転していたので、ここでは軌道修正しています。


d0146980_15312067.jpg

CNN : ムンバイのスタジオから、ムンバイの観客を前にお送りします。
『GAJINI』 の成功で、あなたこそボリウッド界のキングだ、シャールク・カーンをキングの座から引きずり降ろしたと言われていますが。
 

Aamir : シャールクをキングの座から引きずり降ろしたつもりはないよ。
元々シャールクはキングじゃないんだから。
尊敬する俳優はアミターブ・バッチャンだ、彼がいなければ今のボリウッドはなかっただろう。
d0146980_1533567.jpg

d0146980_1534441.jpg


C : 『GAJINI』では肉体改造した姿を披露してるけど、トレーニングは大変だった? 

A : 家族の中で言われてるジョークがあるんだ、「アーミルに “映画のためだ” って言うとなんでもやる」 っていうね。
トレーニングは辛かった、でも映画のためだから頑張ったよ。
でも今は8ヶ月間トレーニングをしていない、新作映画の監督に 「その体じゃだめだ」 と言われて、せっかくつけた筋肉を落としてるんだ。
d0146980_15354411.jpg


C : 『Taare Zameen Par』で監督に初挑戦していますね。 

A : 直感で監督をしてみようと思ったんだ。 今にして思えば監督になりたかったのかな。 プレッシャーはあったよ、あの時監督をしていなければ10年はしていなかったと思う。
d0146980_1537194.jpg


C : 『Lagaan』 の国際的成功について 

A : 『Lagaan』 はインドの観客に向けて製作したものだけど、世界的にも成功して嬉しい。
でも、そうでなくても良かった、インドの観客に受け入れられればそれで良かった、世界の観客のことは考えていなかったから。

C : 製作は大変だった? 

A : 3時間半を超える大作で、スターでもない無名の人たちがたくさん出演している、前代未聞の作品だったけど大成功して嬉しいよ。
最初はまた僕がおかしなことをしていると思っただろうね、『Rang de Basanti』 の時もそうだったろうけど。
前代未聞のことをするのはエキサイティングなんだ。
『Lagaan』 は特に製作が難しい映画だった。
映画を見たこともない、映画スターなんて見たこともない村人1万人と撮影するなんて大変だよ。
キャストが多すぎて、撮影準備だけでも大変なんだ。
朝8時に撮影を開始したいと思ったら、4時には準備を始めなければいけなかった。
それにクリケットというのも大変だよね、だってボールとバットは言うことを聞いてくれないんだからさ。
d0146980_15372669.jpg


C : 『Rang de Basanti』 について 

A : 最初にストーリーを読んだとき、とても強くひかれた。
ある特定のストーリーに引かれるんだ、今後もこういうものに携わっていきたい。
d0146980_15374958.jpg


C : 『スラムドッグ・ミリオネア』 について 

A : この映画は感動しなかった。 
インドの観客は映画の中でインド人が英語で話すことに違和感を感じるはずだ。
スラムの子供たちが英語を話すなんてね、そういう理由で感動できなかった。
d0146980_15373549.jpg


C : 昨年末に起きたムンバイ・テロについて 

A : 悪夢のようだった。 
信じられなかった、ショッキングだ。
あのような大胆な犯行が行われ、多くの命が失われたことは、本当に悲しい。
世界中で、「彼らはこういう方法で、自分たちの意見を主張しているんだ」 と言う人がいるが、でもこれが現実なんだろう。

C : 指導部の対応に批判的? 

A : 指導部に対しては批判的ではない、政府がテロを自分たちの都合の良いように利用することに否定的なんだ。

C : 俳優になるつもりだった? 

A : 子供のころ、中流家庭の両親は僕が将来映画界に入ることには反対だった。
映画一家だったけど、だから逆に映画界に入ることには反対してた。
でも僕は人の言うことは聞かないタイプし、やりたいことはやるタイプだからね。
今にして思えば、親って言うのは子供のことは何にでも心配するものだと思ってるよ。

C : 過去の出演作を振り返ってどう思う?
【スタジオに80~90年代の出演作のシーンが流れると、思わず両手で顔を覆うアーミル。 一方、なつかしのヒット作に観客席は盛り上がる】
 

A : 死んでしまいたい...恥ずかしいよ(苦笑)
映画が完成して6ヶ月ぐらい経つと、「失敗した」 と思うんだ。
だいたい後なると気に入らなくなるね。
リリースの日は映画を劇場で観客と観るんだ。

C : あなただってバレない? 

A : 観客が全員席についた後に僕は映写室に入るから誰も気付かないよ、そして観客の反応を観る。
退屈なシーンになると観客は体を動かしたりして落ち着きがなくなるから、椅子なんかがガタガタいう音が聞こえてくる。
そんな観客の反応が見たくて、映写室に行くんだ。

C : 最後に... 

A : 常に自分が喜ぶことをしてる。
初期はそれが正しいことなのかどうか、やるべきかどうかを考えて、結局失敗していた。
頭を使って判断しようとすると失敗する、心で判断すると成功するもんだよ。

d0146980_15301816.jpg



私が観たのも何度目かの再放送だったのですが、どうやら最後の再放送は “3月31日26:30~27:00” だそうです、4月1日の深夜2時30分ってことでしょうね?
お見逃しなくー。
[PR]
by Bolly_Woods | 2009-03-30 00:00 | Unsorted