S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
Twitter @bolly_woods
以前の記事
検索
画像一覧
IPL2010のその前に、Filmfare Awards
IPL2010開幕のその前に、Filmfare Awardsがあったんだー!
スッカリ忘れてた!
今年は、シャールクとサイフが司会だったそうで、
d0146980_0222046.jpg

さぞかし盛り上がったことでしょう。
d0146980_0224468.jpg

d0146980_0244749.jpg

d0146980_0234849.jpg

d0146980_024022.jpg

d0146980_0241136.jpg

A.R.ラフマーンは今回『Delhi-6』で最優秀音楽賞を受賞し、Filmfare Awardsで14個目!の賞を受賞!
d0146980_023312.jpg



最優秀主演女優賞を受賞したヴィディヤー。
どうして彼女って、いつも老けて見えるサリーを着るんだろう?
d0146980_23242584.jpg


カンガナー。
上品なドレスはディオール。
d0146980_23243858.jpg


ディーピカー
d0146980_23244634.jpg


ガウリ
d0146980_23263369.jpg


カジョール
妹を伴って出席し、授賞式ではプレゼンターを務めたそうです。
d0146980_234869.jpg


ビパーシャ。
個人トレーナーと一緒に。
d0146980_23251670.jpg


ラーラは、テニスプレイヤーのMahesh Bhupathiと。
この日初めてカップルとして公式の場に出席したんだとか。
d0146980_2324862.jpg


アルジュン夫妻。
オトナのカップルってかんじ。
d0146980_2325516.jpg


リティック夫妻
d0146980_232679.jpg


クナルはカランデザインのスーツを着て出席。
d0146980_2324428.jpg




来てない、と言えば。
アミターブがせっかく『Paa』の演技で最優秀主演男優賞を受賞したのに、バッチャンズはいまだにMumbai Mirrorの記事に抗議して、Filmfare Awardsの出席をボイコット。
そんなに深刻に捉えることないのにと思うけど、事の発端はMumbai Mirrorが先月 “アイシュワリヤーは胃結核を患っているため不妊症だ” という内容の記事を掲載、これに対しアイシュワリヤーを愛してやまないアミターブが激怒。

「Mumbai Mirrorともあろうものが、このような事実無根の記事を掲載するとはジャーナリズムの崩壊だ。
記事は何一つ真実ではない。
アイシュワリヤーは義理の娘などではない、娘なのだ、私は家長としてするべきことをする。
彼女を侮辱するものがいれば、私は死ぬまで彼女のために戦う。
Mumbai Mirrorには直ちに記事の撤回と、完璧なる謝罪を求める。
完全なる謝罪とは、まずアイシュワリヤーに、そしてバッチャン家の両方に対して謝罪すること。
そして、謝罪文はMumbai Mirrorの芸能版のトップページ、事実無根の記事と同じ位置、同じサイズで掲載し、記者と編集長の署名を記載すること。
また、結核を患う人をサポートしている慈善団体に寄付をすることである。
Mumbai Mirrorは謝罪しろ!!!
Mumbai Mirrorは謝罪しろ!!!」
(↑以上、数日分のアミターブ怒りのブログから抜粋)

と、怒り心頭! Mumbai Mirrorに抗議文を送った。
タイミングの悪いことにちょうどその頃、世間はシャールクとサブ・セーターのバトルに心を奪われていて、アミターブの怒りはあまり注目されていなかった。
そのこともアミターブは気に入らなかった、のかどうかは分からないけど、アミターブの抗議行動はエスカレート。
当初この件にノーリアクションだったアイシュワリヤーをその気にさせて、アイシュワリヤーからもMumbai Mirrorに抗議文を送らせた。 
さらに、FILM FAREの主催者とMumbai Mirror紙がグループ会社であることから、
「Mumbai Mirrorとして公式に謝罪しなければ、Filmfare Awardsにバッチャンズは出席しない!」
と半脅迫。
で、結局Filmfare Awardsの開催までにアミターブの要求する “完全なる謝罪” がなかっため、バッチャンズは欠席となった。


と言うのが今日までの流れ。
確かにとても失礼な記事だとは思いますけど、今までも事実無根のゴシップ記事は沢山流れていたはずなのに、どうして今回はそこまで?
歳をとると頑固になるって言いますからねぇ、まぁ、アイシュのこと愛しちゃってるから仕方ないか...
最初に “アイシュワリヤーに対する事実無根の報道にアミターブ激怒” という記事の見出しを見た時、てっきりアイシュワリヤーの唇整形疑惑のことだと思ってました。


ちなみに、アイシュワリヤーの唇整形疑惑とは...♪
先日、撮影中に唇が腫れあがり撮影を中断して帰宅、しばらく体調不良を訴えていたアイシュワリヤー。 
アイシュワリヤー側は唇が腫れてきたのは「飲んだ薬が体に合わなかったから」と説明しているが、実は唇をふっくらさせるために唇に打ったシリコン注射が体に合わず、体が拒否反応を示したのではいないか。
というもので、こちらの方がもっと興味深い♪


で、実際のアイシュワリヤーの唇はどうなのか?
先日のNDTV Indian of the Year awards では、不自然なのはアミターブのメガネぐらいかと思いきや
d0146980_2191684.jpg

アイシュの唇も分厚くなっているように見えなくもないけど...どうだろう?
d0146980_21103356.jpg

最近出席したGr8 Women Achiever Awardsでも
d0146980_21111345.jpg

最近出席したNandita Mahtanis Brothers Wedding Receptionでも
d0146980_21291956.jpg

下↓は、手術前(?)2007年の写真。
まぁ、言われてみると分厚くなっている、かな?
d0146980_21413266.jpg




Filmfare Awardsの日記のはずだったけどすっかり話がそれたので、最後にネタをもう1つ。
ロンドンで開催された上流階級の人達ばかりが集まる演劇会に、エリザベス・ハーレーが夫で富豪のアルン・ナイアル氏(父親がインド人)を伴って出席。
d0146980_2224497.jpg

ところが...なぜかエリザベスはサリーの下にブラウスを着ていなかったため、本来見えないはずのものが見えてしまい
d0146980_2245894.jpg

それを会場で指摘されたエリザベスは、あわててプログラムで胸を隠したとか。
d0146980_2253830.jpg

なぜこんなことになるのか、サッパリ分かりません。
なぜ家を出る前に、エリザベスも夫も気が付かなかったのか?

話を元に戻して、Filmfare Awardsの受賞結果は公式サイトでどうぞ。
http://awards.filmfare.com/winners.php
アミターブの怒ってるブログはコチラ↓
http://bigb.bigadda.com/?p=4658
http://bigb.bigadda.com/?p=4650
[PR]
by bolly_woods | 2010-03-01 00:02 | Events